ニュース

その世界の片隅から、ど真ん中へ。BABYMETALの“メタルレジスタンス”を追う
おたぽる
――アイドルにまるで興味なかった。なのにどうして今、私は17歳の女の子を観るために映画館で音と絵を全身に浴びているのだろうか。これは、33歳の男の“メタルレジスタンス”参戦の記録である。

604
http://otapol.jp/2016/12/post-9223_entry.html

たけうちんぐ
@takeuching

書きました。2016年はまさに映画そのものでした。-「その世界の片隅から、ど真ん中へ。」BABYMETALの“メタルレジスタンス”を追う 〜私は如何にして心配するのを止めてYUIMETALを愛するようになったか〜 第九章

2016-12-30 20:05:30
たけうちんぐ
@takeuching

YUIMETALは『この世界の片隅に』を観たのだろうか。映画は海外で封切りが決定している。BABYMETALは世界で活躍している。

2016-12-30 22:36:07

ニュース

フジロック、町山智浩、水道橋博士、BABYMETAL...2016年、サブカル論争&炎上7大事件簿
BIGLOBEニュース
事件その4 ピーター・バラカンがBABYMETALを「まがい物」「世も末」と発言し大炎上
 狂信的なファンをもつグループをちょっと批判しただけで炎上してしまう、SNS時代ならではなこの騒動。今年4月、『モーニングCROSS』(TOKYO MX)に出演したバラカンは、BABYMETALの海外での活躍を伝えるVTRの後、コメントを求められると苦笑いを浮かべながら「世も末だと思っています」と発言した。これに対し、BABYMETALのファンは激怒。彼のツイッターアカウントに怒りのリプライを送りつけると、バラカンはさらに〈あんなまがい物によって日本が評価されるなら本当に世も末だと思います〉と返してさらに炎上を煽るのだった。  ただ、BABYMETALとはそもそも、アイドルグループ・さくら学院出身の中元すず香(SU-METAL)、菊地最愛(MOAMETAL)、水野由結(YUIMETAL)という3人の少女が本格的なメタルの音に乗って歌い踊る、その「ギャップ」が魅力の肝であるはずで、「まがい物」だからこそ日本のみならず海外でも大きな人気を獲得したグループである。なので、バラカンの「まがい物」という評価は別に間違ってはいない。それにも関わらず、そういった率直な感想すらも許されなくなっている閉塞感を感じずにはいられない騒動だった。



◆NEW
ヘドバン Vol.13



BABYMETAL 12月のスケジュール